スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
子供に婆ちゃんの病気を伝える
2006 / 07 / 13 ( Thu )
ひびきに今週末どうしようか?という話をして、「お婆ちゃんのお見舞いに行こうか」と話した。

うん、そうしようという事になった。

「お婆ちゃん家にいきたーい!」というけど、お婆ちゃん家にお婆ちゃんは帰らないんだと教えた。

息子にお婆ちゃんがもうすぐ死んじゃうなんて言うと、婆ちゃんとかじいちゃんの前でそんなことを言われちゃ困るのでだまっていたのだが、この日はちゃんとひびきの目を見て教えた。

「お婆ちゃんの病気はもう治らない」
「もうおうちには帰れない」
「・・・」

ひびきは
「おばあちゃんの病気治ると良いなぁ」
「かわいそうだね」
「一緒に図書館にもう行けないんだね」
と生意気にもちゃんと理解してくれた。

息子は本当に心の優しい子だ。
それはオレの誇りだ。

今週の土曜日ホスピスに子供達を連れて行く。
スポンサーサイト
じいちゃんばあちゃん | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<「走って行っちゃった」 | ホーム | 思い出>>
コメント
----

お久しぶりですね。
「あれ~、しげパパさん、やめちゃったのかなぁ」と思ってました。

お母様のこと、ひとごとでなく拝読しています。

私の母も6年前に耳下腺癌を発症。命と引き換えに右の顔面神経を摘出してしまいましたが、その後、どうにか元気にやってきた矢先、6年たった今になって先々月、肺への転移がみつかりました。

80歳に近い高齢のため、肋骨を万力でこじあけてまで幹部を大きくバッサリ切除する手術ができなかったため、幹部ギリギリのところだけを摘出。

基本的に元気な人なのでしょう。今は、また肋間神経痛の後遺症を引きづりながらも日常生活を送っていますが、今後、その手術がどうでるか.....

諒(りょう)にも、元気なおじいちゃん、おばあちゃんを覚えておいて欲しいし、おばあちゃんにも唯一の孫は精神的支えのようなので、今のところの週末の多くは、実家詣でです。

どうぞ、お母様、ご家族みなさんもお身体をご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます。

by: りょう母 * 2006/07/20 17:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

どうもです。ご無沙汰してます。

今日は母の葬式(告別式)があり、たった今帰ってきたところです。

まだブログにかけてませんが、母は一昨日私と父が見守る中で他界しました。

癌が発覚したのが3月初だったのでそれからたった4ヶ月。

気持ちの整理は付いていた様でとても安らかに息を引き取りました。

今後とも宜しくお願いします。


by: しげ * 2006/07/21 21:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigenikki.blog12.fc2.com/tb.php/298-009371a3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。