スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
育児の資格疑問視
2006 / 05 / 16 ( Tue )
今日ママからとんでもない話を持ちかけられた。

①ひびきとパパの間に信頼関係が築けていない。ひびきの事を無視しているように感じることが多く、ひびきがパパにかまって貰おうとしているのに可愛そう。
(夜、中華料理の店に行ってお酒を飲みながら食事しているとき、一言もひびきと話をしなかったことを受けて)

②府中のおばあちゃん(ママのお母さん)がオレと話をしたがっている。疲れていると思ってママが結婚式に出ている間子供を預かっていたのにサーフィンをして来て(車のトランクに濡れたウェットスーツが入っているのをみて確かにお婆ちゃんはちょっと止まっていた)、子供と遊ばずに府中で寝ていた事が納得できないとのこと。

確かに納得だ。
オレの今の気持ちは子供を避けている。

オレの育児方針は他人に理解して貰えるとは思わない。

子供のいろんな事が多大なストレスになることは事実だ。

今オレが一番重点をおいているのは、皮膚の疾患を治すことである。

子供と精神的に安定して一緒に過ごすためにはストレスがかかっても体がかゆくならない事が重要なのだ。

なぜひびきに耳を障られることがストレスになるのか、良く考えてみると皮膚の疾患と関係がある。

で、これを改善する一番の方法はスポーツである。

オレは大学時代住居の劣悪な環境でも皮膚の疾患でそれほど悩まされなかった。
これはハードなスポーツをしていたからだ。
(運動がアレルギーバケツを大きくするという考え方は正しいと感じている。)

それからオレがオレらしく子供と接することについて、周囲の人はとやかく言わないで欲しい。
子供にとって良くない事がたくさんある事は分かっている。

ママみたいな子(精神的に安定していて悩んでクヨクヨしない朗らかな性格)に育てるにはオレのやり方は絶対にまずい。
けどパパ(おれ)は決して朗らかな性格ではないのだ。

で、無理して朗らかな性格に育てようなんてハナっから思ってない。

陰気なところがある、考え込んで復習を企てたりする。
ものすごい負けず嫌いで価値観は他人とか状況によってすぐに曲げられたりする。
一旦どこかがかゆくなると気を紛らわせることができない。
気になるとずーっと気になる。
。。。。

けどそんな自分の裏返しで良い部分もあると思っている。
感動しやすい、影響を受けやすい、感情移入しやすい、、、、

ともかく、オレはオレらしく子供と接する。
結果として子供はオレと似た部分を持つことになる。

今までオレは親父の影響はあまり受けずに育ったと思ってきた。
なぜなら親父は単身赴任が多かったし、子供の頃のオレは常にお袋が正しくて親父が間違っていると思っていたから。

ところが最近親父の子供だってことを痛感する。
親父が苦手だったことがオレも苦手なのだ。

で、それで良いと思っている。
今では親父がどんなことで苦しんだか分かる気がする。

ひびきとあーたんの育て方について俺にはビジョンがある。

ひびきには明るく朗らかな子供っていうよりも、いろんな事を考えて感じて視野が広くて一生懸命になる人に育って欲しい。

逆にあーたんには明るく朗らかに育って欲しい。

ひびきはオレの熱い思いを1歳になったばかりの頃から浴びていた。
だから他の子に比べて大変なストレスを持って成長したはずだ。
アトピー性皮膚炎でも相当苦しんだ。
これからも苦しいことはいっぱいあると思う。

それでも少しずつだけどオレはひびきに自分の気持ちを打ち明けていくつもりだ。

自分に少しでも自信がある限り。

スポンサーサイト
しげパパの思い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<頭部レントゲン | ホーム | サーフィン2回目>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigenikki.blog12.fc2.com/tb.php/290-8d8a82fe
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。