スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
新聞記事より。
2005 / 06 / 09 ( Thu )
新聞から思った事を2つ。一つはベストファーザー賞を取った鳥取県知事の片山さんが6人の子供の父親として、「一人目、二人目は大変だけど三人目からは楽しいですよ。」とコメントしたこと。実は1週間ほど前の日経新聞記事「少子化に挑む」でも同じように「三人目から楽しくなったもとが取れる」と言っている人の記事があった。うちの場合はまだ二人目だが、それでも本当に子育ては一人目とは比べ物にならない位、気が楽だし楽しい。一人目が男の子で色々と気が細いタイプ(生後6ヶ月位からちょっとした物音とか変化で起きてしまうし、一度どこかがかゆくなるとずっとかき続けて、ずーっと泣き続けて眠れないタイプ)だった事もあるだろうが、二人目の女の子は本当に気が楽。ママは寝不足で大変だと思うが、この先どうなるのかが分かる分一人目の時よりはずっと楽なんだそうな。二つ目はアフリカのエイズ問題。モザンピークでは1990年に平均寿命が52歳だったのに、今では34歳まで低下しているそうだ。エイズが原因で30-40代の働き盛り、子育て盛りの男女がことごとく死んでいく。現地の人々の気持ちを考えるとなぜあまり報道がされないのか、現地の人々の生の声(医者とか高学歴の人で実際の被害をサポートしている人ではなく、被害者つまりエイズの人とかその子供達の声をもっと報道して欲しい。今世界が解決すべき問題は、イラク問題とパレスチナ問題とエイズ問題だと思う。この中で日本が他国とは違う価値を発揮して本当に問題を解決する先導者となれるのはエイズ問題ではないだろうか。
スポンサーサイト
子供について考える | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<謎の症状 | ホーム | 保育園のルール?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shigenikki.blog12.fc2.com/tb.php/11-7eb729f3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。