スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
なみだ
2006 / 06 / 25 ( Sun )
一人でどうしても行きたくなって病院へお見舞いに来た。

お袋と二人になりたかったのだ。

親父と兄貴が来た。

お袋にゼリーをあげると口でなんとか食べようとする。

けど上手に食べられない。

お袋はオレが高校生の頃に「子供に介護されたくない」「老人ホームとかに入ったほうがいい」「ボケ老人扱いされたくない」と言ってた。

ものすごくプライドが高いのだ。

とんでもない量の涙が出てきた。

兄貴が親父に携帯電話も持たせた。

その携帯電話の番号をメモった。

家族4人がいつも連絡取れるようにしておこうという事。

なお、今日はTOEICの試験日だったが欠席した。
スポンサーサイト
じいちゃんばあちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
脳に転移
2006 / 06 / 24 ( Sat )
お袋の病状について担当医師から説明を聞いた。

説明を聞く前に兄弟と親父とお袋5人が集まった。

お袋は意識が相変わらず朦朧としていて6月10日以来オレの事は名前を呼んではくれない。

とめどなく涙が出てしまった。

聞いた説明の内容は以下
・以前の様子と入院してから現在までの状態では明らかに異なる。
・灰のCTの結果癌は少し小さくなった。抗がん剤の効果はある。
・6月8日の入院以降、尿の量が1日10Lという時があった。血液4.5Lの人間限界水分量を越えていた。(点滴で水分補給した)
・頭のMRIの結果脳に小さな転移がある。(結果を見せてもらってはっきりそれと分かるもの)
・脳には今までの抗がん剤は効いていない。(効きにくい場所)
・腫瘍が大きくなって尿が大量に出るという可能性もある。神経症状
・ホルモンバランスを保つのが重要。
・骨の転移も至る所に散在。脊髄は全ての背骨に均等に転移。
・AC療法
・今使っているアドレアシンは一般的な抗がん剤。
・一回使ってダメだと使えない。
 お袋は7年前に乳がんの治療に使っているので不可。
・バーセプチンで治療するのが転移性の一般。
 これが効果があった。
・抗がん剤を変えて胃がんなどに使うPS1を使うか?
 →リスクが高く一気に拡大する恐れもあるので家族で反対した。
・ホルモンレセプターは効かない事が7年前の乳がん治療の検査で分かっている。
・ハーツーレセプターはやっているが。。。(ここは説明が良く分からなかった)
・現状は終末期とみるべき。
・ディロテップパッチは現在の症状と関係がない。
・痛みは出ているはずで使わなければ精神的に崩壊する。

説明を聞いたあと4人で話をした。

①お袋に脳に転移している事は伝えないこと。
②別の抗がん剤PS1に切り替える事はしないこと。
③病院を転院すること。候補としてホスピスのある2箇所
④誰がどういう段取りをするかの決定
⑤お袋が話ができるときには必要な情報をしっかりと聞くこと

その後親父と姉貴と3人でバーミヤンに行った。

親父は子供たちが居て本当に助かるといっていた。

自分ひとりで症状の説明を聞くことは耐えられなかったみたいだ。


家に帰っても今日は一人だ。

夜に大学ボート部の後輩から電話があった。

神宮の森ビアガーデンで呑んでいるそうな。

「加藤さんにも着て欲しいですよ!」と電話先の大きな声。

本当に助かる。

で、神宮まで車で迎えに行って、7人が家に来てくれた。

A水兄、O濱、かとうとおる、J子氏、とりい、くりた、Nみ氏、本当にありがとう。

一人が辛いなって思うときに自然に声をかけたり集まってくれるボート部メンバー

ゲロの処理をするのも大変ではないのです。。。
じいちゃんばあちゃん | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
パパ子供当番
2006 / 06 / 22 ( Thu )
今日はママさんの呑み会の日。

どうしても職場の人たちがママさんと呑みにいけるようにと選んでくれた日だそうな。

会社を18:15に出てもうダッシュで駅まで行き、子供を保育園に迎えに行ったのは19:10頃、最後から2番目だった。

子供二人を会社のかばんを抱えて汗だくになって抱っこするのは大変。

あおいは抱っこするしかないけど今度から靴を持っていって二人とも歩いて帰ってもらおう。

家に着いたら食事をしてお風呂に入れて、うまく寝付いてくれれば良いけど。

まず食事。
写真を撮る余裕があるくらい順調。
デザートのすいか食べる前まではひびきをあおいにご飯食べさせてあげたりして仲良し。

ちょっと納豆でいざこざあったかな?

0622-1

0622-2

0622-3

0622-4

0622-5

0622-6


その後お風呂も順調に入れた。
3人でお風呂入ってあおいと二人で出て服を着せて。。。

ところがその後あおいが全然寝ない。

もう9時過ぎなのにきゃーきゃー泣いて全然寝てくれない。

ひびきにどうしたら良いかな?って相談するとお出かけすればいんじゃない?との回答。

そこでマンションの中をお散歩。

屋上に行ってみたりいろいろ、、、
でも寝ない。

でプリンが食べたいとかひびきが言うので歩いて近くのコンビニに行くことに。ひびきは歩いてくれるという。

コンビニに着く前にあおいは寝てくれた。

ところがひびきが足が痛いとか言い始めた。マズイ!

コンビニに着いて杏仁豆腐をママの分も購入。
ひびきの選ぶデザートはパパもママも大好きなものが多い。

帰り道、とうとう歩けないと言い出してパパはひびきとあーたんを両手に抱っこして、コンビニで購入したデザートを抱えて休み休み帰ったのでした。。。
ちょっとした出来事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お見舞い
2006 / 06 / 17 ( Sat )
お袋のお見舞いに病院へ行った。

お袋は寝ていた。

オレは沢山の写真を持っていって思い出アルバムを作ることにした。

病院でお袋のわきっチョに居るのは幸せなことだ。

いくつかの写真をお袋に見せたが俺の顔を見ることもしない。

碧の写真を見せたときに「あーっ」って嬉しそうな顔をした。

しばらくすると親父が来た。

アルバムを作り終えて傍らにおいた。

お袋は「あーそー」とか「うん」とか言えた。

その後親父と二人で牛丼屋に食べに行った。

オレが高校時代にバイトをしていたチェーン店。

親父はきっと一人で食事するのがつらいのだろう。

6月16日(金)に取った写真

0616-1

0616-2

じいちゃんばあちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おばあちゃん入院
2006 / 06 / 10 ( Sat )
平塚のおばあちゃん(お袋)が入院した。

1枚しか貼っちゃいけないディロテップパッチを同時に2枚貼ったらしい。

6月8日(木)箱根に旅行に行く予定だった日に入院したので、旅行に行く前に叔父さん、叔母さん達が病院に寄ってくれたそうだ。

残念だっただろう。


朝から3回目のサーフィンをした。

場所は辻堂と鎌倉の間。

下が岩場だったので転ぶと結構痛い。

あまりうまくはできなかった。

それから病院へ行った。

病院に行って見ると、腎臓に水が溜まる症状があるためお袋は排尿用の管を装着されていた。

楽しみにしていた箱根旅行に行くのに使い方を知っておこうと思ってディロテップパッチを試したそうだ。

一度使ったらすぐに止めることができない薬だとはっきり知らされていなかった。

お袋はちょっと視点が定まらずぼーっとした様子に見える。

プライドの高いお袋なのでこんな状態になった自分に気持ちの整理が付かないのだ。
「恥ずかしいんでしょ」
と言ったら
「恥ずかしいわよー」
と返事があった。

「気がついたら2枚付いていてびっくりしたのよ」なんてお袋は言っていた。

けど先週は姉貴に何度も電話をして今が何日か、昼なのか夜なのかって事を確認していたそうだ。

意識が朦朧とする薬で何日経ったのかをはっきりと理解するのが難しかったらしい。

なんとか持ち直して貰えればよいのだが。。。

別れ際に最後に言われたのは
「車の運転に気をつけなさい。ほんとに、、何が起こるかわからないからね。。。」
という言葉。
高速道路に乗るとこの時のお袋の顔を思い出す。
じいちゃんばあちゃん | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ママ友達呑み会の日
2006 / 06 / 04 ( Sun )
今日はママさんが保育園のママさん友達3人で呑みに行く日。

おばあちゃんの事をあまり書いてなかったが病気のばあちゃんの事もこれから書くことにする。

まず朝から平塚のおばあちゃん家に行った。

おばあちゃんはあまり具合が良くなかった。

起き上がることもできなそうだった。

お薬でディロテップパッチというのを貰ったそうで、使い方が難しそうだと言ってた。

あと6月8日からお婆ちゃんは兄弟(オレの叔父さん、叔母さん)と箱根に行くのを楽しみにしていた。

午後に平塚を出発して一路川越のお婆ちゃん家に行く。

渋滞もあったが15:00頃に川越に着いて17:00頃にひびきと二人で川越を出発した。

ママの飲み会は夕方17:00頃でひと段落するらしく17:00に池袋に到着した。

相当早くからママ友達3人で呑みに行ったみたい。

17:30に酔っ払ったママさんと合流したとき、ひびきは眠ってしまっていた。

それから府中に行ってあーたんを迎えに行く。

府中に着いたのは暗くなった後だった。

長旅で疲れたけどなんとか子供達を集めて一日の仕事をやりきった。

ママさんの話では、保育園ママ友達の旦那さんも子供の相手をする事を嫌がる事が多いそうだ。

パパが特別大変だと思ってる訳じゃなさそうだ。
だらだら日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワケ分からん。
2006 / 06 / 03 ( Sat )
ワケ分からん。

明日夕方からママさんは友達と呑みに行く。

オレがひびきとあーたんの面倒を夕方から見ることになっていた。

ところが今日からひびきは曾ばあちゃんとこに、あーたんは府中のおばあちゃんとこに泊まる。
明日パパがひびきを迎えに行って、夜ママが帰ってきてからあーたんを府中に迎えに行くことになった。


子供たちと一緒に居たいと思うときに一緒に居られないなんて。

とても言いたい事があってここに書き込んだのにページ戻るボタンを押してしまって全部消えてしまった。

もう一度同じことを書く気がしない。

ともかく、、、
オレは精神的に不安定になる事も多いが、それでも子供を虐待することは絶対にない。
なので、オレが子供たちと一緒に居たいと思っているときには一緒に居させて欲しい。

オレはおかしなとこがいっぱいある。
けどそれを子供は知らない方が良いって誰が断言できる?

オレが悩んでることとか感動したこと、泣いたこととか笑ったことを子供に知って貰って良いんじゃないか?

子育ての事で悩んでることとかごまかさずにいたい。

オレは子供を育てるのにとても重要な、気を紛らわすとかごまかすってことが苦手だ。
最もしたくないことだ。

それはオレの性格だ。
オレの性格ってのは子供に偽りたくない。


いじょう。
子供の悩み | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。